ぜひ、仏法の聴聞を・・  R3 3.20

 お彼岸となりました。春季永代経も勤まります。
 彼岸という名は、仏教の原語ではパーラミタ、「到彼岸」と訳すそうです。此の岸から彼の岸にわたるということです。
 信なきものが、法を聞いて、信心の彼の岸へ到る。迷いの生死の世界から、さとりの彼の岸に到るということで、人間生活のまことの意義をしめすものです。
 善導大師の『観経疏』に「念仏して西方往生の願行をなすは春秋の二節を取る」というお言葉もあるそうで、特に仏法聴聞にはげむ時節としたことは意義あることです。(御内仏のお給仕と心得~東本願寺~)
 お彼岸を節として、春と秋の永代経が勤まります。亡くなられた仏様をご縁に、ぜひ住職の仏法に耳を傾けていただき、自己をみつめる機会にしていきたく思います。

 本年も残念ながらワクチン接種が始まったとはいえ、まだまだコロナ禍にあり、当寺の春季永代経も、内勤めのお勤めだけの法要になり、説教師の御法話を賜ることができません。以下、当寺の前住職のお言葉があります。ぜひ、耳を傾けていただき、自己をみつめるお時間をお持ちいただけますことを、願っています。

 仏教では、一般には「諸行無常」を説いています。全ての現象は変化してやまないと云うことでしょう。
 しかし、自分のことは棚に上がっていますので、一般的には「世の中は色々と移り変わっていくなぁ」「あの人は亡くなるのが早かったなぁ」と理解して終わります。
 自分の眼(まなこ)は外を向いていますので、他人のことは諸行無常と理解出来ても、自分のことは、わからないのが当り前であります。しかし、身近な人が亡くなりますと、その仏縁として、仏壇の前で念仏し合掌しますと、はじめて眼(まなこ)が回って自分の心に向かうのであります。(住職からの法話もあります)
 そこで、はじめて自己の悪(煩悩)に気付くことが出来ます。「人の悪はとがめるが自分の悪には気がつかない(法話カレンダ-)」という世界から自分の悪に気付く世界にはじめて触れることが出来ます。
 そこにこそ、はじめて亡くなった方への真の供養になると思います。
 「幸せとは、自己の悪に気付くこと」をモットーとして、生きていきたいものであります。
釋時中

蓮徳寺

瑠璃院 釋尼妙節(奥村節子他界)  R3 1.20

 この度は、年始のお忙しい時期に、令和3年 元旦の夜、10時28分に命終致しました、当寺前坊守、瑠璃院釋尼妙節(奥村節子)のお悔やみ・お通夜・ご葬儀のお焼香に、大変大勢の方に足をお運びいただきました事、深くお礼申し上げます。
 また寺葬の為、葬儀もまた大きな行事となり、寺院関係の式事の方々を始め、総代・女人講、お檀家様係の方を筆頭に、多くの方に御協力を賜りました事、深く重ねて、この場を借りまして、お礼申し上げる次第です。心より、ありがとうございました。

 節子お母様には、義母とはいえ、時には、実の母のように仕えて参りました。このような結果になりました事、素直に、残念でなりません。素直に・・・、これは、私が嫁いで参りまして、最初にお母様から教わった言葉ではないでしょうか。素直に素直に。当時の希望に満ちた私には、素直に取れば、何て最初から嫁を見くびった扱いをした言葉だろうと思ったものですが、本当のお気持ちは、無理をせず暮らして頂戴ね、という、義母としての、最初の愛情のお言葉だったかと思われます。

 3年前に他界されました、前々坊守 無極院釋尼妙典(奥村典子)とは皆様ご周知の通り、大変傍から見る限りでは、仲睦まじく、家庭内でも、常に寄り添い、おしゃべりの絶える事のないお二人でした。そんなに話す事ある?と思うくらい何時もお話ししてばかり。頭の良いお喋り好きのお母様と、大変お人柄の良かった、お話し聞き上手な典子さまの名コンビが、先代住職と共に、この蓮徳寺の大寺を築きあげたのではないかと思われます。

 そのお二人が、この3年の間に、続けて他界されてしまった事は、蓮徳寺にとりましては、大変大きな痛手であり、このお二人に、笑いながら一番大切に育てられた現住職の喪失感は、誰にも想像の付かないものだと思います。先代住職も然りでございます。

 典子お婆さまが、亡くなられて二年、年始の挨拶に、先代が書かれますことは、決まって、御縁となりゆきに任せる・・・ということ。不安に満ち満ちたお言葉にしかきこえませんが、前進あるのみの新坊守、一人ではありますが、何時も味方してくださる先代住職と、年上ながら一生懸命仕えて下さる住職の妹様を心の支えに、(残念ながら住職ではありませんが、そして一変に気の緩んでしまった私ですが)、総代を始めとした、女人講様方とともに、当寺門信徒の皆様方とともに、気持ち新たに精進していきたく思います。

(瑠璃院、生前、食卓に広げて干していた布巾)

 自己に付きまして、皆様の納得、満足のいかない自分であろうとも、今その時その時に出来る事を、精一杯にこなして、頑張っていくしかないかと思われます。

合掌

 また住職に付きましては、なかなか難しいお人柄、皆様にも、頭を抱えさせる事が多い事かと思われます。どうか、蓮徳寺の21代目僧侶として、応援賜れますよう、瑠璃院に代わって、ご挨拶申し上げます。

南無阿弥陀仏

蓮徳寺
坊守 奥村千紗

 

ご挨拶  R2 12.20

 今年も、あと少しになりました。
 改めて申すこともありませんが。今年は大受難の年でした。
 約百年ぶりの大型疾病により、皆様の生活は大変なことになりました。
 当初から予定のものは、ほとんどが制限され、当寺の『宗祖親鸞聖人七百五十回御遠忌法要』も、延期となってしまいました。
 今、百年という言葉が出ましたが、この言葉の表す意味は、当時も今回と同じようなことが起きたということです。そのとき、聖人の『六百五十回御遠忌法要』を計画されていた寺院の皆様方は、いかがな気持ちで迎えていたのでしょうか。
 すべては、御仏にお任せという、南無阿弥陀仏と言う言葉で受け止めたのでしょうか。
 もともと、仏教には平家物語の書き出しで有名な諸行無常という言葉があります。簡単に説明をしますと、同じことは続かない、変事は必ず起きる、という意味ですね。
 『おごれるものは久しからず』の言葉通り、形があるのは壊れるのが当たり前、年月をへたら劣化することも当たり前、私たちはそれに抵抗しようとして悩んだり苦しんだりするのです。
 また、百年前の話に戻りますが、そのころの我が国は、もう一つ、二つの大きな世界大戦の狭間でもありました。軍事産業で一部の人たちは益を得ていましたが、一般の人たちは、スペイン風邪と、また戦争が起きるであろうという予感におびえていました。
 平家物語の年代は、保元・平治の乱と源平合戦という大きな合戦の合間です。人々の心は、よく似ていた状況だったかもしれませんね。
 その平安末期には末法思想というものがはやりました。前回も説明をさせていただきましたが、正像末の末法ですね。釈尊が入滅されたから最初の五百年がを正法、次の五百年が像法、そのあとの五百年は仏の力が忘れられ、世の中が混乱するという教えです。
 戦乱と疾病に絶望を感じた人々は、南無阿弥陀仏にすがり、それが、わが浄土真宗が日本に布教された礎となりました。

 さて、当寺の親鸞聖人の御遠忌は延期となりましたが、もともと、このプログは、この御遠忌の啓蒙を目的として立ち上げたものです。
 思えば約三年ぐらい前ですか、このホームページを立ち上げたときのことを思い出します。使い古された言い回しですが、初めて子供が生まれた感じといいますか、どのように育てていこうか、どのようにそれを伝えようかという。
 しかし、先ほどの諸行無常、末法の話でもないですが、月日がたつと、最初の感動もうすれさるものです。
 特にこのブログは、毎回、格好をつけると言いますか、何か最もらしい格言をまぜながら、相手に、そうなんだと思ってもらおうという意気込みばかりが先走りしてしまって、今も、草稿をしたためながらも、これで大丈夫か、話の内容が安易じみていないかと、ヒヤヒヤしている次第です。
 新しい日程は令和四年春ということになりましたので、まだ、しばらくは精進が続くこのごろです。

蓮徳寺

 

コロナ社会  R2 11.20

 コロナ禍がどんどん拡大し、色々な仏教行事が中止になっています。このような現状を、私たちは、どのように受け取るかが今問われています。
 コロナ禍を、とんだ災難だと、ただ不安がって、自分自身にふりかからぬよう、おびえて過ごすのではなくて、今こそ、改めて、日頃の無事平穏な日常生活を当たり前と思い、むしろ、次々と慾をふくらませて不平不満な思いで生きている事に、気付く最大のチャンス(仏縁)と受け取りたいものであります。
 自分の健康な身体も、慣例の仏教行事も、実は当り前のことではなくて、不思議な御縁で有り難いことが、有り得ているのであります。
 そのことに気付き、感謝の気持ち(念仏の心)を持って、全て「受けとる一手あるのみ」と謙虚に、御縁に頭を下げて、生きてゆきたいものであります。

「感謝は世を明るくし、不平は世を暗くする」
「自信の強い人に、感謝はない」

前住職
釋時中