ご報告とご挨拶 R2 3.5

 時の流れとともに、日本の文化も、ひとつずつ過ぎていきます。今月は、女の子を祝う、桃の節句も過ぎ、もうすぐ、お彼岸を迎えようとしています。お子様・孫・ひ孫のお幸せを願いつつ、仏となった、ご先祖さまにも、今、生ある我々の、当たり前の日々の生活を、感謝していきたいものです。~女人講報恩講より~

 さて、本年の新型コロナウイルスの行方は、どうなることか。
 一刻も早い終息を願わずにはいられません。
 親鸞聖人750回忌の御遠忌法要に向けても、予定通り実施できますよう願い、役員様方と話し合いに努めております。

 さて、今回の御遠忌は、「親鸞聖人750回忌」ということもあり、一体、親鸞とは、どんな人なのか、またどんな教えを伝えてきたのか、そろそろご興味を持っていただけたらと思い、先代住職にお頼みして、簡単に概略を施していただきました。

 お稚児さまの募集が始まる7月に向けて、4月~6月の三回に分けて、連載いたしますので、お楽しみにしてください。

 この度は、春季永代経は、見合わせていただきます。皆様、お身体お大事に、お孫さまの面倒にお忙しい、お婆さま方も多いことかと思います。各ご家庭、ご家族のお時間を大切に、この世情を乗り越えてまいりたいと思います。

合掌

蓮徳寺 坊守
奥村 千紗