蓮徳寺沿革

蓮徳寺の歴史

天平元年に秦澄和尚によって華厳宗の寺として創建されました。
その後、天台宗になり荒子観音の一坊に園頓院(えんどんいん)となりました。

寺伝によりますと、戦国時代に奥村伊予守正親が入寺し、浄土真宗になったと言われており、現代に至っています。

本堂内部の改修が終了いたしました。