親鸞聖人について

鎌倉時代のお坊さんです。法然上人に弟子入りして、浄土真宗を開きました。
当時のお坊さんとしては珍しく、食肉妻帯(お肉を食べ、奥さんをもらう)をしておりました。
中日新聞に等にも五木寛之氏よって連載をされ、六冊の本になっております。